leafさんの「家事貯金のきっかけとメリット」
2018/03/14コラム


暮らし上手な「ものごとブロガー」コラム。今回は「10年後も好きな家」 の leaf さんが登場です!
北欧インテリアが素敵な leafさんのご自宅。効率的な家事の工夫や、貯蓄を意識した家事のノウハウが満載です。そんな leafさんのマル秘テクをのぞいてみましょう!



いえ時間が好きになる、家事貯金のすすめ!家事貯金のメリットと3つのマル秘テク


こんにちは leaf です。

忙しくなればなるほど、慌ててしまい、考えることさえ面倒に感じてしまったり、つい「まあ、いいか」と掃除や片付けを後回しにしてしまったり、疲れて「今日の晩御飯のメニュー思いつかないし、作るの億劫」って思ってしまったりしたことありませんか?

もちろん私はしょっちゅうです 笑

でも家をきれいに整えたい気持ちはあるのです。おいしいごはんを家族に食べてもらいたいとも思ってはいるのです。
わかってはいるけど、忙しいと考えるのすら億劫になってしまいます。
私が、試行錯誤しながらも、そんな家事を「やりたい」気持ちのモチベーションをキープするために実践している3つの秘策をご紹介いたします!


まずは自分がどうしたいのか目的を明確化してみよう


それぞれ家事をしたい理由があるはずです。

  • 家族に手料理を「おいしい!」と言ってもらいたい
  • 家を清潔にしてゆっくりくつろげる空間にしたい
  • さっさと家事を終わらせて自分の自由な時間を少しでも確保したい

理由は人それぞれです。
まずは目標を明確化することで、目的に合わせた家事を組み合わせて実践していけばいいだけなのです。

「疲れた」「今日は掃除する気がしない」そんな時、目的がはっきりしていれば、それに向かってそれ以外を最短最速でできる方法を考えるものです。
ちなみに私が「家事貯金」したいと思ったきっかけは注文住宅が完成した時です。
小さい家ながら一生懸命自分たちで土地を探して、設計図とにらめっこして、くつろげる家を作りたいとじっくり計画しました。
紆余曲折しながらやっと完成した我が家。
愛着の湧く家時間にしたいから、家が一番くつろげる空間にしたいから、そんな思いがありました。
目的が明確ならそれに向かって自然と工夫するものです。



秘策その1 今時のご時世、便利なもの、使えるものはどんどん頼ってしまおう!



料理を作るのは好き、だけど、片付けは嫌い。これ私のことです。笑 でも料理はなるべく作りたいのです。だから、その時間を楽しむために使える便利なものはうまく利用してしまいましょう。
我が家には大きめの食洗機があります。ほとんど食器はそれで洗ってしまいます。五徳だって毎日いれてしまいます。
機械にまかせればいいのです。今の利便性を有効利用してラクすればいいのです。




掃除だって拭き掃除は毎日かがんでするのは大変。だからお掃除ロボットに頼ってしまいましょう。そして自分の時間を少しでも増やしましょう。

ちなみに忙しいときは私はワンプレートメニューにしてしまいます。おしゃれな北欧食器(食洗機対応!)に盛り付ければカフェメニューっぽく見えますよ。
楽しみつつラクする方法を考えましょう。



秘策その2 作りおきは明日の自分への「こころのゆとり貯金」と心得る!




よくブログに常備菜レポートを掲載すると「やる気になりました!常備菜作り私もがんばってみようと思います!」と温かいコメントを頂くことがあります。
でも、正直にいいますと、作りおきは頑張るものではないのです。無理に作るものではないのです。

自分が明日、「疲れた、今日メニュー思いつかない。どうしよう」と悩む時間をなくすための「こころのゆとり」のために準備しておくものだから。
今日の準備が明日の安心につながります。

だから明日のメニューを想定して野菜をカットしておく、野菜を下茹でしておく、お肉やお魚に味付けをしておく。それだけでいいのです。

自分が楽をするための分だけ準備してみましょう。



秘策その3 最初から「掃除をしなくてもいい」時短環境作りのちょっとしたアイデアを伝授!




例えば、揚げ物。家族から「とんかつ食べたい!」とリクエストがあったとします。家族のリクエストに応えたいと思うと同時に「油はねの掃除が面倒」と思ったりしていませんか?

でもせっかくだからリクエストに応えましょう。そして「油はねを掃除しなくていい」方法を考えましょう。
最初から油が周辺に飛び散らないようにガードすればいいのです。

最小限の拭き掃除で済むように最初から予防すればいいだけです。そして家族から「おいしかった!また作って!」と言ってもらって料理のモチベーションをあげましょう。


それから私はルーチン家事が苦手。洗濯はあまりモチベーションがあがりません。だから、割り切ってしまっています。
最初から洗濯物をたたまなくていい方法で収納しています。
掛けられるものはすべてハンガー収納です。干して乾いたらそのままクローゼットへ掛けるだけ。洗濯ものをためてしまって苦痛になるくらいならそれでいいのです。
苦手なものは極力最低限の時間でさっさと終わらせてしまいましょう。



まとめ


いかがでしたか?

「家事貯金」は家族が、自分が笑顔で楽しく暮らすための一つの方法です。
家事をしている時間も貴重ないえ時間なのです。
試していただけると嬉しいです。きっと負担軽減につながるはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
日々いえ時間がすきになる「家事貯金」、北欧インテリアについてブログで綴っております。
合わせてご覧いただけると嬉しいです。


by leaf
2014年春注文住宅が完成。その後の日常生活を綴っています。北欧モダンインテリアが好きです。
10年後も好きな家
leafさんのものごとページ

この記事に関連したテーマから他の記事をみてみよう

『ものごととは?
ものごとは、「あなたの家ではどうしてる?」をコンセプトにした、リアルに役立つ暮らしの “ノウハウ” ブログメディアです。インテリアに迷ったとき、収納がうまくいかないとき、きっと素敵なヒントが見つかるはずです。

読み込み中...