pinkoさんの「簡単木工DIYで作る ″扉付きディスプレイラック"」
2018/05/08コラム



暮らし上手な「ものごとブロガー」コラム。「pink pinko life」の pinkoさん第3弾です!

自分好みに家のインテリアをアレンジできるDIY。「いつか自分も…」と思っている人にとって第2弾の「プチプラ手作り雑貨」はデビュー作にピッタリの作品になったのではないでしょうか。
無事「プチプラ手作り雑貨」を卒業したら次のステップに進んでみてはいかがでしょう。第3弾もpinkoさんが丁寧にレクチャーしてくれました。


DIY初心者さんでもOK!簡単木工DIYで「扉付きディスプレイラック」を作ろう!


自分らしい部屋の空間作りに欠かすことのできない「インテリア雑貨」。

前回のコラムでは100均グッズを材料に使い、それらを塗る・組み合わせる・くっつけるといった簡単DIYだけで作ることができるプチプラ手作り雑貨をご紹介しました。

連載3回目となる今回は、さらにもう一歩ステップアップした「簡単木工DIY」で作るインテリア雑貨をご紹介しようと思います。


今回DIYにチャレンジするのがこちらのラック。

お気に入りの小物を飾りながらおしゃれに収納することができる「扉付きディスプレイラック」です。



中央にガラス風の扉が付いた、縦横どちら向きに置いても絵になるディスプレイラック。

飾るように収納できるディスプレイラックは、使い道を考えるのも楽しくなる実用性の高いアイテムです。

吊り金具を使えば壁面にレイアウトすることもでき、スペースに合わせて飾る場所や向きを変えて使うことができるのもポイントですが、実はこれ、100均の板材と木製フレームを組み合わせて作ったプチプラ手作り雑貨なんです。

ガラス風の扉が付いた一見難しそうに見える「木工DIY」ですが、実際は100均グッズを組み合わせただけ!

では早速こちらの「扉付きディスプレイラック」を、簡単木工DIYで作ってみましょう。



簡単木工DIYで「扉付きディスプレイラック」を作ってみよう!


■ 材料



今回使った材料がこちら。

板材(45×9cm)×7枚
合板(45×30cm)×1枚
木製アートフレーム A4
蝶番×2セット
吊り金具×2セット
以上になります。

板材はもちろん、その他の細々としたDIYパーツも含め、全て100円ショップで揃えることができます。


■ 作り方


まず最初に、木製アートフレームを分解します。

フレームの裏側にある「留め具」を全て外し、ガラス風の透明板も取り外しておきます。



板材1枚を、フレームの短辺と同じ長さになるよう糸ノコでカットします。

板材は柔らかい「桐材」で作られているので、女性の方でも糸ノコで簡単にカットすることができます。

合板も同様に、フレームと同じ大きさになるようカッターでカットします。

厚みの薄い合板は、厚紙を切るのと同じようにカッターで切ることができます。



カットした合板と板材(※カットしていないもの)を写真のように合わせ、接着します。



4枚の板材(※カットしていないもの)も写真のように合わせ、接着します。

接着には、木材同士を強力にすばやく接着することができる「木工用瞬間接着剤」を使うと便利です。



最初にカットした短い板材と、残りの板材1枚も同じ要領で、写真のように接着固定します。



最後に、合板の余りを赤点線の部分に入るようカットしてはめ込み、接着します。

ここまで木材同士を全て接着材で固定しましたが、この接着は「仮固定」するためのものなので、強度的な不安を気にする必要はありません。



これで仮固定したラック本体が完成しました。

この後、全ての板材の接着面をネジ止めし、しっかりと本固定していきます。

ネジはφ1mmほどの「木工ネジ」と呼ばれるものを使うと、手早く確実に固定することができるので便利です。




組み上がったラック本体部分と、最初に分解したフレームを好きな色にペイントします。

今回はアンティーク風のラックをイメージしたペイントを施してみました。

アンティーク風ペイントには「ミルクペイント」と「水性ウッドステイン」という塗料を使うのがおすすめ。

普通の塗料と違って、ツヤの無いマットな仕上がりにペイントすることができるので、自然なアンティーク感を表現することができます。



フレームに塗った塗料が完全に乾いたら、内側からガラス風の透明板を貼り付けます。

フレーム内側の段差部分に強力両面テープを貼り、その上に透明板を乗せるようなイメージでしっかりと貼り付けましょう。



「蝶番」を使ってラック本体にフレームをつなぎ、壁掛け用の「吊り金具」を取り付ければ完成。

見た目もやや大き目な木工作品ですが、糸ノコで木材をカットしたのはわずか1回だけ!

難しいと思われがちな「木工DIY」ですが、長さや幅が同じ市販の材料を組み合わせれば技術も必要なく、短時間で誰でも簡単に作ることができるんです!

板材をパズルのように組み合わせただけで、おしゃれな「扉付きディスプレイラック」を作ることができました。


「扉付きディスプレイラック」をインテリアレイアウトしてみよう!




壁掛けで使えば、殺風景になりがちな壁面をリズミカルにコーディネート。

目線の先が鮮やかになり、華やぎのある空間を演出してくれます。



縦向きで使えば、ガラス風扉は「上開き」に。

フレームに手を掛けて持ち上げるだけなので、中のものの入れ替えもラクラクです。

オープンラックに1枚の扉が付いただけで、見た目の高級感がグッとアップします。



横向きで使えば、もちろん「横開き」の扉になります。

独特の棚仕切りはDIYだからこそ成せるもの。

ユーモアに富んだ作品を作ることができるのもDIYならではの魅力です。



木工で広がるハンドメイドの世界。「木工DIY」は難しくない!




家具のような大きなものを作る「本格DIY」は、時間やコスト、さらには技術も必要になってきますが、今回ご紹介したような市販の材料を組み合わせて作る「簡単木工DIY」なら、なんだか自分でもできそうな気がしてきませんか?

雑貨作りに「木工」が加われば、創作の幅はグンと広がります。

木工DIYでハンドメイドをもっと豊かに、もっと自分らしく表現して楽しんでみてください!



by pinko
大阪市在住。 夫、長女(中学生)、長男(小学生)の家族4人で暮らしています。家具から雑貨まで全てを手作りし、自分スタイルのナチュラル賃貸マンションライフを楽しんでいます。
pink pinko life
pinkoさんのものごとページ


この記事に関連したテーマから他の記事をみてみよう
『ものごととは?
ものごとは、「あなたの家ではどうしてる?」をコンセプトにした、リアルに役立つ暮らしの “ノウハウ” ブログメディアです。インテリアに迷ったとき、収納がうまくいかないとき、きっと素敵なヒントが見つかるはずです。

読み込み中...