ichigoさんの「見渡す!使い切る!キレイを保つ!冷蔵庫収納のポイント」
2018/07/05コラム




暮らし上手な「ものごとブロガー」コラム。今回は「ぽかぽか日和」の ichigoさんの第3弾です。

前回のコラムは「小さな家で考える楽家事&省スペースなクローゼット動線」をテーマに、「納戸部屋にクローゼット」を増設することで改善したポイントを3つ教えていただきました。既成概念にとらわれずに家に合った工夫をすることが大事なことがわかりましたね!
第3弾は、夏になるにつれて煩雑になっていく冷蔵庫の収納について。「導線」を意識することで色々イイコトがありました!冷蔵庫収納が苦手な方は要チェックです!



夏に気になる衛生面、汚れやすいものは1か所集中!


暑くなってきましたね。夏になると特に気になるのが食品の保存!特に温度差が大きくなるこの季節は冷蔵庫の開け閉めはできるだけ減らしたい!短くしたい!ですよね。
もの、ごとコラム、第1回、2回は我が家の間取り・収納スペースのこだわりについて書かせていただきましたが、最終回はギュギュと焦点を絞って、我が家の冷蔵庫収納のこだわりをお伝えしたいと思います!




まずは我が家のキッチンお掃除のお供、James Martin フレッシュサニタイザー。アルコールにグリセリンとリンゴ酸が配合されていて、濡れた場所もノロウイルスもしっかり除菌してくれます。毎日の夕食後、テーブルからコンロ周り、冷蔵庫の扉の手あかまでサッと拭いてしまいます。

でも毎日冷蔵庫の中までは拭きませんよね。私なんて冷蔵庫の中全部を拭くのは3か月に1度。普段気をつけているのは棚一段だけです。




こぼれやすいもの、汚れが移りやすいものを目線より少し下の奥まで手が届く高さの棚に集中させて、気づいたときに拭くようにしています。お買い物前のガランとした状態の時が狙い目です。



「すべてを一目で見渡せる」が出し入れを早くする!





ではその冷蔵庫の収納、最近はSNSなどで冷蔵庫の中までビシッと白いカゴで整った美収納が流行っていますが、我が家の冷蔵庫はいたって普通…というよりかなりガラガラ。こだわりと言えば、一目で全体を見渡せることと出し入れを早くすることです。

・浅くて透明(または半透明)のトレーや入れ物を使う
・パックはばらして、個包装にしておく
・定番品は定位置を決めておく
・よく出し入れするものから取り出しやすい場所を確保
・鍋をそのまま入れられる場所を空けておく


といったところでしょうか。

深くて中身が見えないかごは使いません。手をかけやすい浅いトレーを使って、トレーごとでも中のもの1つだけでも取り出せるようにしています。

買い物から帰ったら、3つセットの豆腐や納豆の帯を外してから賞味期限が見えるようにして立てて並べます。
ハムやチーズなども外袋から出し、朝ごはんコーナーにしている最下段へ。家族が多い場合はカゴなどにまとめて1度に取り出せるほうが便利ですが、夫と2人、食べるものが微妙に違う我が家はセットにはせず個々に場所を作って、その時食べないものまで冷蔵庫の外に出している時間を減らすことを優先しました。




扉側のポケットも同様に、定番品はラベルを貼ってしっかり場所を決めています。
壁に近すぎて全開できない左側はよく使うもの、背が低いものから順に開けた状態で取り出しやすい場所を確保して、扉を開けている時間を少しでも短くします。



100均のチューブスタンドなど便利収納用品の力を借りながら、視線の高さと取り出しやすさを意識して
「すべてを把握して、賞味期限内に使い切る!」を目指す冷蔵庫収納です。

ちなみに、麦茶は冷蔵庫に入れていません。保温(保冷)ポットに作ってテーブルに置いています。
冷蔵庫を開ける回数が格段に減りますよ^^



保存ルールより早く使い切ること優先の野菜室




本来なら玉ねぎやニンジン、イモ類など根菜は常温保存の方が長持ちしておいしく食べられるものですが、我が家では野菜室に入れています。場所を分けると管理の手間が2倍!お買い物前の在庫チェック、料理の時にあっちこっちから材料を集めるのも面倒で…

「1回の買い物で買うのは次の買い物(3、4日後)までに使い切る分だけ!」をルールにして、野菜は全部野菜室に集合!
それぞれの野菜の保存ルールを覚えられない私には、一番簡単な「1か所管理で、とにかくさっさと使う!」が合っています。
使うのを忘れないよう、副菜の献立も冷蔵庫に貼ってあるカレンダーに書き込みます。

ちょっと脱線しますが、我が家ではお米も野菜室に入れています。
毎回決まって4合で炊くので、米袋を開けたら4合ずつビニール袋に小分けしてキュッと結んで一番手前に積み上げます。
これもホントはジップロックみたいな密閉保存袋が良いらしいのですが、「1回で捨てられない⇒中を拭く」がめんどくさい…
そのままその日の生ごみ袋にしてしまえるビニール袋が定着しました。

たぶん今後も、とことんラク優先で冷蔵庫の開け閉めを減らす!が我が家の最重要ポイントです!



どんな収納も自分に合った方法を見つける


いかがでしたか?
我が家はラクを優先しすぎな感もありますが、要は冷蔵庫も「自分にあった収納を見つける!」ということに尽きるかと思います。

ぜひみなさんもそれぞれのご家庭に合った冷蔵庫収納を追求してみてくださいね。



by ichigo
大阪在住のアラフォー。2013年10月に3階建ての小さなおうち完成。居心地のいい暮らし目指してダンナと二人であ~だこ~だやってます。
ぽかぽか日和
ichigoさんのものごとページ


この記事に関連したテーマから他の記事をみてみよう

『ものごととは?
ものごとは、「あなたの家ではどうしてる?」をコンセプトにした、リアルに役立つ暮らしの “ノウハウ” ブログメディアです。インテリアに迷ったとき、収納がうまくいかないとき、きっと素敵なヒントが見つかるはずです。

読み込み中...